感染拡大?H1N1新型インフル報道への疑問。

0
    pig H1N1
    ■あまりの事だと・・思うので「敢えて、過激な表現」で以下のブログを記す。

    今日のTV各局ニュースでも、毎日のごとくだが・・
    「感染拡大が続く新型インフルエンザにより・・」の枕詞?が自明の理?当然の主語のごとく使われている。
    挙句に「拡大は先週にくらべ1・7倍・750件にのぼり」何です?件?って。
    調べて見ると1施設で2人以上の新型インフルエンザ患者が見つかった場合を1件と呼ぶそうで・・どこのマスコミも件数連呼で、定義や患者数は言わない・・何よりも国連WHOもこの国の厚生労働省も新型インフルエンザ患者数の把握自体をしていない!入管検査の廃止から全数把握を放棄している、・・にもかかわらず!「感染拡大が大々的かつ・・誇大?にマスコミ」報道されるのか?更に、A型季節インフルエンザと、新型H1N1インフルエンザの「判定識別試薬」が全医療機関になく、判定すらまともに科学的・統計的にされていない?現状で・・何故「新型感染」の蔓延なのか?教育委員会とやらの医療素人集団の主観?独断?不正確、非科学的な判定で「学級閉鎖」が蔓延する?基準はこれも曖昧で不明、誰も問いたださない・・学級閉鎖は社会的責任だそうで。
    あいまい不明のまま・「インフルエンザ対策は”社会的な責務???です」などとしたり顔で言う市民の姿がこれも大げさにクローズアップされる。
    「手洗いの励行・うがい・マスク着用」は通常の季節インフル対策としても、「社会的衛生慣例」で徹底しても良いが、同じ文脈で、未検証ワクチン全員接種や、副作用疑念の抗インフル薬の投与、学級閉鎖などの国家レベル施策をマスコミを総動員してあわててする事態ではないだろう。
    もう少し、冷静に科学的検証、情況分析をしながら判断するのが普通ではないか・・。
    まるで、65年前の敗戦寸前の戦局に虚言の大勝利・・を連呼したあの大本営発表!!に似ていませんか?
    後で、あの時、皆、勝利を信じていたから、軍部には逆らえないから・・と村八分・事後「責任」を追及、指摘されるのが嫌で、(結局、軍部も政府も事後責任など取りません・・全員一致の責任ですから?)大勢ムード・全員一致?あいまい総論に流される・・これ国民性ですかね?
    相変わらず、相対的、総合情報分析や統計・客観的・科学性・冷静な言葉・主語の定義など存在するように思えません。
    こんな反省から?「国家戦略局?」等と言う古めかしい??名称の部局が、新政権で創設されるのではないですか。マジ情けないです。

    どうしてこの国は同じ事の繰り返しをするのでしょうか?・・国税の天文学的金額を投入して買い込んだ新型インフルエンザの対策薬?服薬で異常精神行動や副作用の懸念される「タミフル・リレンザ」・・そして更に、試験も臨床実験もなしに副作用懸念の輸入「ワクチン」が・・国民的・社会的義務?で10月から全面的新型豚インフルエンザの対策で全国民、児童や幼児、高齢者に処方??強制?されると言う。「製薬会社?お国のためにタミフル・ワクチン」ですか・・やめて欲しい。

    ★案の定?CDCアメリカ疾病対策センターの本日9月8日発表のニュースでは・
    ・やはり?今頃?タイミングをみはからってか?「タミフル」は新型インフルエンザには効かない?治療には不要?などと言い出した。挙句に・・新型インフルエンザによるの子供死亡率を当初発表から大幅に引き下げ修正、ほとんどが重症化せず、健康な児童は安静に栄養補給をするだけで完治する。と発表している。
    このサイトへ直接リンク確認して見てください。
    ■以下その記事要約:
    「新型」感染でもタミフル原則不要、米が指針
    9月9日11時10分配信 読売新聞
    【ワシントン=山田哲朗】米疾病対策センター(CDC)は8日、健康な人は新型インフルエンザに感染しても、タミフルやリレンザなど抗ウイルス薬による治療は原則として必要ないとする投薬指針を発表した。

     抗ウイルス薬の供給には限りがあるほか、過剰投与で耐性ウイルスが出現する恐れが高まるため。CDCのアン・シュケット博士は同日の記者会見で「子供でも大人でも大多数は抗ウイルス薬は必要なく、自宅で休養することで治る」と述べた。

    本日発表のこのCDCのニュース報道に、新政権発足前の厚生労働省や・・前厚生大臣はどのような解説、釈明をするのか・・このまま、この冬、児童幼児に「ワクチン接種」を臨床なしで危険な副作用無視で強行する必要があるのか?この国にリスクを張って警鐘する医者、科学者、ジャーナリストは存在しないのでしょうか。
    正常なマスコミの編集者は直ぐに取り上げなければならないだろう。
    国民大衆を愚弄する無責任官僚組織と同様、マスコミも、政権交代と同様に解体して出直しすべきでしょう。本当に正常なジャーナリズム、マスコミの復活を渇望する。

    ★インフルエンザ・強制予防接種の恐怖;田中字「国際ニュース解説」を
    是非、参照してみてください。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック