★NESARA法と「友愛」「フェイルセイフ」

0
    nesara
    世界の経済・金融危機は相変わらず混迷と恐慌の寸前を綱渡りを続けている。
    数年前から・・真偽のほどを再確認する必要があるかもしれないが、この世界の経済金融・市場システム・競争・資本主義原理がその根底から異常で、誤りではないのか、との当然?の「問い・疑問」から「NESARA法:ネサラ」と呼ばれる運動や訴訟が米国や欧州で広まっていると言う・・。
    NESARAとは=NationalEconomicSecurityAndReformationActの略で<国家経済保障及び法改正法>
    その主な要点抜粋は以下;:[世界を変えるNESARA:ケイ・ミズモリ著]の通り:
    FRBを財務省が吸収・国営化し、為替相場の変動を抑える金本位制を採用する。
    IRS米国国税庁を解体して所得税を廃止、政府歳入は新設の定率国家消費税
    14%〜?による新製品のみへの課税。
    7法に準拠した法の回復。
    ざ箙・金融機関の不正による貧困大衆の救済としてクレジットカード・ローンの負債免除。
    ジ柔吃大統領を退陣させ、憲法に則ったNESARAの大統領が選挙されるまで正副大統領を次期選挙まで臨時に任命する。
    ηぬ燭気譴紳臈領は「平和」を宣言し、アメリカの攻撃的な軍事政策を終結する。・・などと言うものだ。
    そもそも、FRBは日本の日銀もそうだが、国営ではなく、株式会社であるが、その株主も公表されず、会計監査もなく、1913年に成立した連邦準備法によって完全独立権を持ち、通貨発行権を有している。
    だが、米国憲法第一条8節5項には「合衆国議会のみが通貨発行権を有する」と明記されており、FRBそのものが米国憲法違反だとも言われている。
    株主も公表されていないFRBが、一部の係わりを持つ超富裕層の為替相場や操作を行うための道具になっているとの疑いを持たれている。

    <以上、著作から抜粋>
     NESARがどこまで・・真実なのか不明だが、昨今の世界情勢、経済低迷や環境問題・拡大する貧困や不均衡・・未来社会への閉塞感、人間の自我エゴイズムへの失望と知性への自信喪失などから当たり前の「本音」がようやく語り始められたのか・・もしれない。
     政権交代で毎日のように報道される「行政刷新会議・仕分け作業」第二弾の情況も、第一弾の土建利権ダムや高速道路、空港同様、今更のように驚きあきれ、顎が外れる驚きの連続だ。
    独立行政法人や省庁予算のすべてを「仕分け」しその膿・無駄を白日に晒すべきだろう。
     比較的まともか、と思っていたが外務省JICA:ジャイカも職員の手当てや出張旅費の例では海外渡航の際はビジネスクラス・ファーストクラスを利用し宿泊経費ホテルも大手企業の役員並の待遇だそうだ・・また、JICAの青年海外協力隊はそのイメージと裏腹に、例外もあるのだろうが、派遣国で役立たずの呆れる「審査選抜基準不明??の”無職・技能なし”の自分探し青年?」を200億も税金を使って支援していると言う。
     事業仕分けで続々暴かれる寄生公僕の輩とその取り巻き利権集団からは内部告発者すら出てこない・・外見からは想像不能な人格・知性・品性・倫理の腐敗。
     スパコンやロケットなど科学技術・開発予算や大学院学術振興予算などを大幅削減、見直しの「仕分け」にノーベル賞受賞者達や大学学長などが勢ぞろいで記者会見し、いかにも「仕分け」そのものが「理不尽な一束一からげ」のごとき反発を軽率なマスコミも一緒になって取り上げているが・・本来国民の血税を「学術象牙の塔?」で覆い、今までの膨大な開発予算の成果も使途も公表公開して来なかった事が反論の前に、問題だろう。
    「科学技術予算の成果とプロセス説明責任:情報公開」を果たす義務が科学者と研究機関・大学にはある。国民はそれが理解できない?それほど国民は馬鹿ではありません。
     その努力も取材・解説もできない、していない日本の「提灯芸能マスコミ」にも多大な責任がある。それは、政権交代でようやく「仕分け行政刷新」公表された国税の無駄事業の告発も同様です。
     これらの行政・税金の無駄事業・公僕の腐敗・背徳(独立法人天下り組織の”税金中抜き””税金浪費モデル事業””税金窃盗の隠れ参事年収1300万円”の天下り・・・etc)やマスコミの情報操作によって、欺瞞隠蔽されている「日本は世界第4位の貧困率」以下、長妻昭厚生労働相発表:
    (国民の経済格差を表す指標の一つとなる「貧困率」が2006年は15.7%で1997年以降で最悪の水準だったと発表した。子供の貧困率は14.2%だった。
    政府が貧困率を算出して公表するのは初めて。長妻厚労相は「子ども手当の支給を含めて改善策を打ち出したい」としている。
     今回算出した貧困率は全世帯の可処分所得を1人当たりに換算して高い順から低い順に並べた場合に中央となる人の所得(中央値)の半分に満たない人の割合。子供(17歳以下)の貧困率は全体の中央値の半分に満たない子供の割合となる。3年に1度実施している国民生活基礎調査結果から算出。全体の貧困率は97年が14.6%、00年が15.3%、03年が14.9%。子供の貧困率は97年が13.4%、00年が14.5%、03年が13.7%だった。
     経済協力開発機構(OECD)公表の貧困率では00年代半ばの比較で、日本(14.9%)は加盟30カ国平均(10.6%)を上回り、メキシコ(18.4%)、トルコ(17.5%)、米国(17.1%)に次いで4番目に高かった。)児童の7人に1人が「貧困」であり一日1食の給食しか食事が取れないレベルや現実・・は本来マスコミが取材し、その背景と本質を告発、トクダネ・特番報道すべきものだろう。それがジャーナリストの社会的責務ではないのか

     大不況の民間では・・来春卒業予定の若者達の就職内定率は大幅悪化・・大卒62%短大29%と過去最悪の95年を下回ると言う・・経営状況が悪くなれば即、人件費・労務費に手を付け削減、首切りを行う法人企業・・この組織は社会(身体)の公器・循環臓器として機能していない。この情況で存続可能なのは、公務員と準公務?利権独占企業の通信NTTや電力・ガスのインフラ専有企業だけでしょう・・・・。
    身体の最小単位細胞である家庭や個人は次々と崩壊し、やがて社会・身体そのものも臓器・公器の「癌細胞のようなエゴ」で滅亡するのではないかと危惧します。
    公開仕分け適用・行政刷新すべきは省庁の国家予算や独立法人だけではなく「全ての地方自治体行政」の無駄赤字事業と税金浪費構造だ。
    地方自治体の「意味不明多数の財団法人・天下り受け皿、偽装組織(○○市みどりの財団・○○市少年スポーツ振興財団・・etc)」も「公開仕分け」を市民の前で行い、徹底監査・追求すべきではないか。
     神奈川県では非常勤の行政管理委員:「選挙管理委員会・や公安委員会・教育委員会」の職員に年間14日程度(謀・選挙管理委員)〜最多出勤日109日公安委員の出勤で「月給一人40万円?」を支払っていたと言う。
    常勤の監査委員は月給86万9000円だそうです。
    福井県では職員1330人が4億円の税金を不正経理して懲戒とか・・平気で報酬に手を出す泥棒連中とそれを渡す連中、このままでは、確実にこの国・地方自治は崩壊するでしょう。
     折から、円高逆風の中、アメリカで世界一の販売台数の「トヨタ」が「プリウス・レクサス・タンドラ」のアクセルが戻らない?事で400万台以上のリコールを行うそうだ。同じ車種の日本国内車はどうなのか?・・日本車はアクセルが戻らなくても、ブレーキが優先されるようにはなっていない。
    「暴走Go!」より「STOP」が優先する安全・思想・人的ミスを根源から防止する哲学が「フェイルセイフ」と言うそうです。ドイツ車のベンツ他の車種はすべて、アクセルが戻らなくても、ブレーキが優先する「フェイルセイフ」機能が装備されているそうだ。この思想あってこその高速道路アウトバーンだろう。暴走・事故は運転者のミスだと・・放置している時ではない。
    毎年交通事故死は1万人弱を推移し、戦後64年で100万人を超える?死傷者を記録し更新しており、既に日清日露戦争の死傷者を上回っているそうです。
    飲酒運転死亡事故の刑罰がようやく、その重大さに遅まきながら見直されようとしているが、それこそ、「司法行政の過失」も莫大な利益蓄積を達成した巨大自動車・飲料酒造メーカーも倫理道義責任なしでは済まない筈だ。本当はインフルエンザ死亡率どころではないのではないか。
     同様の権力追従で主語を隠蔽しているのは、温暖化対策などで大騒ぎしているCo2削減問題でしょう・・・大気排出ガスの60%は乗用車の窒素酸化物・CO2であり、火力発電、工場廃棄物ではありません。風力発電や家庭の省エネなどでは決して解決し無い事は明確です。
    馬鹿馬鹿しい?「エコキャンペーン」などの前に、気軽に自家用車を乗り回すのを止めましょう!。
    今頃?・・・間の抜けたエコカーなど、全世界を排気ガス汚染しまくり、日本中を高速道路とアスファルトで覆い尽くし、四足車輪のゴキブリを世界中で繁殖させてからでは・・最早手遅れでしょう?豊田・本田・日産さん・・GMが破綻したのも、天の裁きかもしれません?
    地球温暖化の真犯人はゴキブリ乗用車を乗り回す人間なのです。
    マスコミも景気配慮でこの主語:温暖化=個人乗用車は禁句なのでしょう。
     
    新政権・民主党鳩山の「友愛」が冒頭の[NESARA]や「フェイルセイフ」と同じように、この混迷の「根源からの改革視点・思想」で・・世界の根本からの変革へ結びついて欲しい。
    「仕分け:行政刷新」を見ていて感じたのは私だけでしょうか、もはや「世界は変わらなければ存続できない」時を迎えつつあるのでしょう。



    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/09/11 4:59 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/09/04 7:29 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/08/31 6:27 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/08/21 1:59 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/08/14 10:09 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/07/31 2:35 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/07/23 10:50 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/07/10 2:56 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/06/30 7:03 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/06/25 11:29 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/06/19 2:02 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/06/12 10:42 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/06/03 5:38 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/05/29 3:57 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/05/22 1:12 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/05/15 12:31 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/05/08 4:01 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/05/05 6:39 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/04/30 12:50 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/04/24 12:52 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/04/17 1:50 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/04/10 4:47 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/04/02 6:09 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/03/27 12:24 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/03/20 4:39 AM
    高速道路やゴキブリ自動車の恩恵で君は今日も食事ができるのではないかいな。
    • gokiburi4
    • 2009/12/09 8:06 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック