米国「新100ドル札」発行の背景と意味

0
    dollar2
    米国財務省発表によると、いよいよ21日に「新100ドル札」が発行されるらしい・・・CNN/ AFP/ Yahoo/ 表向きの理由は偽札が世界中で横行する現状に技術的に対処した新札発行で、偽造防止を・・と言うが、誰もその表向きの理由だけでは納得しないだろう。
    65.5兆ドルという天文学的な累積赤字を抱える米国財政のデフォルト寸前危機をいよいよ・・新札発行によるデノミ、新旧貨幣の交換レート操作による借金棒引き策?で・・または、ユーロ対抗でアメロ?発行の地ならし?など世界中の米国ドル・米国債保有国の中国・ロシア・日本などからその挙動、新札発行の意味を疑惑の眼で見られているのは当然だろう。
    焦点不明の民主党、亀井大臣が郵貯限度額を2000万円に引き上げて、米国債を更に購入できるようにする・・などと暢気に画策しているようだが、事態はその先、ドル崩壊破綻へ・・既に進行しているかも知れない。
    相変わらず毎朝、ニューヨークからワザワザ中継でアホ芸能スポーツ情報を垂れ流す謀民放を筆頭にこの国のマスコミは何も報道すらしない末期症状だ。
    マスコミ情報に隠れた、報道されない今後の米国動向に要注意!だろう・・

    以下その記事:

    ■ワシントン(CNN) 米財務省は8日、偽札対策強化の一環で発行を予定している新100ドル札を来月公開すると発表した。 新札は、デジタル技術や従来の印刷による紙幣偽造の危険性を見直したうえでデザインされた。額面の100ドルは米ドル紙幣の中で最高額。
    同省は新札流通に先立ち、来月21日から世界各国に旧札からの変化について通知する。公開記念式典にはガイトナー米財務長官とバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が出席する。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック