★8ヶ月で首相退陣の”本質”論?

0

    まさか?・・と思ったが、やはり辞任でした。
    社民党の福島党首が、米軍の沖縄辺野古基地受け入れ問題で署名拒否、罷免、連立政権離脱までは、大手新聞・マスコミも鳩山首相の軽率?実現不能の言葉・言説「少なくとも県外移設」と現実認識の乖離などに・その評価、支持率低下、鳩山批判一色の「辞めろコール」だったが、昨日2日のドタキャン?辞任の一報に、大慌ててで特別番組・・真意解説だ。
    いわく、参議院選挙を目前にした支持率低下、世論の小沢・鳩山政治資金疑惑批判を配慮した政治的判断だとか。
     今こそ本質論を問う・・画像や外見・タイトルの美しさ判りやすさ・・などに誤魔化されない、要注意の時代なのでしょう。
    ハイビジョンTVで地上波デジタルでこれからも、世界一634mのスカイツリーから下品で低俗、愚劣なお笑い、ヤラセのバラエティー、スポーツ娯楽番組ばかりが、洗脳CM、偏向ニュース解説や非科学的・統計学無視のデタラメ視聴率・支持率調査(有権者母集団を固定電話回答者という独断へ矮小化し、時間帯無視の横着無作為抽出で2000票で集計する・・RDD電話調査)を垂れ流し、金権力を持つ特殊グループが意図的に視聴者・市民を情報汚染コントロールする恐怖社会になっている。
     鳩山辞任劇の真相は・・そのような意図があったのかどうか別として、彼自身が述べているように、結果として、日米同盟・安全保障の根幹、「本質」問題についての根源的な国策・戦略への全国民への「問いかけ」を浮き彫りにしたのではないか。それは社民党の連立離脱の理由でも同様だ。
    鳩山首相は辞任の弁?でようやく??「米国に依存し続ける安全保障が50年100年も続いていいとは思わない」「日本の平和を日本人自身でつくりあげていく」と語ったそうだが・・それは辞任の日ではなく、就任の日に語るべきだったろう。
    そうであるならば、「少なくとも辺野古は県外」と言う言葉の背景に日米安全保障に関する根源的・本質的な戦略ビジョン?の中で、「沖縄米軍基地・辺野古の県外」がなければならないだろう。不幸にして勃発した韓国海軍、哨戒艦:天安の「北朝鮮魚雷?によると言われている・・」撃沈事件があったとしても・・「改めて米海兵隊の抑止力を勉強させていただいた」などと言うコメントが出ること自体、鳩山首相に日米安保や同盟に関する新しいビジョンがあった?とは思えないではないか。
    後任へ自分の切れなかったババを引き継ぐ?そういう賢さはあるのだろが・・これでもあの、小沢幹事長よりは人が良いのだろうか。
    そして、民主最大会派?の小沢グループでは、今日、訳の判らん無名?、国民認知なしの実績もビジョンも語らぬ有権者への情報不明の・・樽床?底?なる若手?を時期総理候補にするなどと言う??報道が流れている・・これこそ呉越同船・寄り合い民主の末期症状か?。
    これは小沢一派の本性を自ら露呈する民主支持の選挙民、国民への愚弄ではないか?と誰でも思うだろう・・・また小沢氏の本性・・反鳩山・菅:民主支持の国民への本性曝露・反民主の証明ではないのだろうか。
     これは、小沢氏の最後屁か・参議院選挙混乱狙いの・恨みの情報偏向の低俗マスコミへの痛烈なエゴの一矢、皮肉でもあるのだろう。冗談だが?選挙前に再び・・離党旧自民新勢力と小沢連立新党結成画策か・・笑) 
    新国家戦略ビジョンなし、無策の無責任は、提灯持ちの大手マスコミ各社や旧自民党、その取り巻き連も同様で思考停止、タブー?禁断領域のままだ。
    後任の首相に恐らく・・菅直人副総理が就任するだろうが、鳩山氏が辞任だからこそ・・「それ:新日米同盟?安保ビジョン見直し」を言えたのだろう。否、後任に代わって?先取り代弁したのだろうか?菅新首相の、参議院選挙のそれが最重要課題であり、政策論争の、国家戦略の要となるべきでしょう。
    憲法9条は?自衛隊は?・・戦後65年、日米安保50年・・今や旧ソ連は崩壊し中国も一国2制度の現実市場主義へ「極東有事の定義もテロ定義」もその内容が不明瞭だ。
    本質論を常に伏せ、後回しにして現実優先、目先優先で放置してきた国家ビジョンが世界から問われているのだろう。
     語るべきビジョンの要は軍事力ではなく科学、防災・医療・文化経済、外交、国際交流・反貧困貢献の非軍事的プレゼンスによるグローバルな非核平和と互恵共存・世界資源、金融利益の不均衡是正、再配分へのリーダシップだろう。
    ローマに2度戦いを挑み、破れ、傭兵と通商復興で3度めの戦いで、ついに最後はローマに国民を全員皆殺しされ、国土を完全に破壊されて地中海から消えたと言う、通商国家カルゴ・・・紀元前152年滅亡したカルタゴの教訓は何だろうか?
    紀元前地中海の通商大国を滅ぼした原因は通商・国富・金銭利益のみの優先でそれ以外が価値観として存在しなかった事にあると言う・・。
    「人は・・国家は金銭のみに生くるにあらず」なのだと・・森本哲郎氏はその著書「ある通商国家の興亡:カルタゴの遺書」で述べている。
    ★現代のローマ帝国?:米国。
    米国民100人のうち米軍基地問題で日本の総理大臣が辞任したなどと言う事を知っている人は恐らく・・1名もいないのではないだろうか・・上院議員の中ですら知らない議員が多数??でしょう。ばかばかしい位です。
    敗戦後65年・・何故か、日本がカルタゴのように見えるではありませんか。
    そして在日米軍・年間2000億円弱もの思いやり予算、戦わない戦えない自衛隊・・傭兵?
    ★鳩山後任の新首相の顔、どこか、何故か、前大戦の帝国海軍連合艦隊司令長官に似ていませんか。
    こんな凋落ローマ・米国を相手に、彼には真面目に「ハンニバル」にも、「五十六長官」にもなってほしくありません。

    ■今こそ、新日米同盟;安全保障条約「国家基本戦略・ビジョン」を”白紙”から、本質で見直しの時なのです。

    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2010/08/09 6:07 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック