★国道封鎖、豪雪・火山・自然災害に「自衛・防災救援隊」を設立・出動させよ!

0
    北極圏の寒気蛇行で昨年末より、ヨーロッパ・北米・そして日本海、東北北海道も記録的な寒波や豪雪に襲われている。詭弁と曲解のマスゴミはこの事態にも、「温暖化」の影響により?・・などと言う相変わらずの科学的根拠なしの枕言葉を付けてこの雪害、寒波を報道しているが・・北海道や東北、北陸・福島・島根などの国土交通省、直轄の基幹国道・高速道路がこの豪雪に長時間封鎖の事態となり、多数の車が立ち往生している緊急事態となっている。地方自治体は長引く不況に除雪の請負建設会社の衰退、ブルドーザーや除雪重機の不足、旧式劣化・作業員の高齢化や離職で手が回らない。


    暖房の効いた国会で通常国会が始り、予算審議をしているが・・・・・・・・・H23年度防衛予算の要求額は4兆7,752億円の極東N01の規模だ。
    除雪作業員の高齢化や旧式重機の不足で国道封鎖の事態の一方で「決して使用されることのない」?最新式の戦車や戦闘車両・航空機・艦船23万人もの陸海空の自衛隊員が存在している。
    提案:豪雪地帯駐屯の陸上自衛隊を即、災害派遣せよ!
    ・・・・更に、に52年ぶりに爆発し、現在活動中の霧島連山「新燃岳」による降灰被害や塵埃除去にも我がジエイタイを災害出動をさせるべきだろう。
    民主政権に期待していたマニュフェスト・・「最小不幸社会?」も缶政権の・・オトボケ現実妥協主義で何やら全てが怪しくなってきたが・・居眠り顔のこの旧全共闘首相?自衛隊の観閲式で何を考えていたのだろうか・・・
    外交は軍事力に裏打ちされなければならない??等と言う10世紀1000年も前の人類欠陥のまま、沖縄普天間や日米安保、北朝鮮・中国と外交=軍事するつもりか。戦国時代から進歩・進化なしじゃな。

    国家の枠組みもないまま・・従来の私利追求放任・市場成長モデルと自由競争を容認し、地球規模で環境限界に直面する中、TPPや日米安保のなし崩し的拡大解釈を節操も理想もなく「現実路線」の名の下に放置すれば、異常気象による災害や食糧危機、デフレ下の食料や資源の枯渇争奪・・・分配の不平等摘発によるアフリカや中東に端を発する若者の失業・貧困・食料不足・・世界暴動・・等、2050年に人口90億人突破?(1970年世界人口40億:2010年70億人)と言われる目前の人類危機に対処不能だ。

    今こそ、哲学、価値観の大転換がなければ地球人類の未来はないだろう。
    経団連が今年度のベアを認められないと言う、新卒・雇用義務も果たさず、
    「法人税」
    も収めない企業が上場企業の70%もあるそうだ。
    この当期欠損企業がオバカタレントのCMや呆れ年俸のプロ野球球団経営を垂れ流し民放が潤っているこの異常。それでも缶政権は「法人税」引き下げだそうで・・こんな連中が平気で国民の資産を食い潰す。
    今や997兆円に及ぶ借金財政・赤字国債、国民一人当たり783万円の借金だ。

    世界各国に先駆けて、自衛隊を・「防災・救助」に特化再編成し、軍事力の地球規模解体を世界へ宣言する。
    人類生き残りへ「理想とビジョン」を提示すべきだろう。
    ★☆あのサンダーバードのように。
    これはイヨイヨ・・・アルツ?の兆候でしょうか???大笑い?)

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック