この国の農林水産大臣の飲む、500mlで1本5250円の水!

0
    mizu5250mizu5250mizu5250
    国民の食の安全を支える・・農林水産の松岡とかいう目つきのあまり良くない?大臣?、衆議院予算委員会で議員事務所の水道光熱費問題で、思わず?・・「500mlで5250円のミネラルウオーターを飲んでいる」と答弁し問題になり、更に、事務所では水道の水を飲んでいるのか?と追求され「水道の水を飲んでいる人はいない」・・と答えたそうだ。先のこれも目つきのあまり良くない?厚生大臣の「女性は産む機械・・」発言以下の失言に続き、この内閣の大臣?・・変人奇人ばかりなのだろうか?と呆れるが・・。
    その実、既に、この連中,輩の間では高額ミネラルウオーターは常識なのだろう。水道局が松岡大臣に怒りを表明しても・・・?である。
    既に生命の根源である「水」が危機だと言われており、石油に次ぐ資源争奪の対象に天然水がなっているという。河川の水や汚水を緩速濾過法というオーソドックスな砂や砂利を活用した方法で行えば、病原菌や合成洗剤のLAS主成分、藻類、小動物から、アンモニア、鉄、マンガンまで除去できるが、・・時間と処理面積が大きく、経済発展のスピードと拡大にともなって1/8の面積で時間も早い、インスタントな薬品による塩素消毒による急速濾過法が普及した。
    塩素化合物のトリハロメタンは発ガン物質であり、水道の水が安全であるかどうか、かなり怪しい。水源河川に流入する各種化学物質・・農薬や家庭排水、ゴルフ場や田畑への除草,殺虫剤・・工場廃水・・松岡某は意図せずに、正しいことを、初めて、正直に天命によって、国民に告白させられたのではないか?・・・Wwww。
    異常気象で世界中、洪水と旱魃が思わぬ時期に、思わぬところで発生するようになっている。古来「美しい国日本」はキレイな豊かな水に恵まれた国だったが・・ホントウに水資源対策や水道水の安全は大丈夫なのだろうか?。
    地球、地表の70%は水ではないか。と言うが人間が利用できる淡水は水全体の3%しかないのが事実だ。
    国民の食の安全の責任者の農林水産大臣が上記の質問に・・「水道水を否定するつもりはない、表現の仕方には気をつけなければならない」と自分の言った事をニュース解説者のようにコメントしている。これも、先の厚生大臣と同類のドコカ病気の証拠ではないか?。この輩にBSE牛肉問題や環境問題、薬害問題などやらしておいてホントに大丈夫なのだろうか?
    自分だけは税金で・・500ml/で5250円もするミネラルウオーターを飲み、神戸や国産の銘柄牛ステーキを食べて・国民への「言葉にキオツケヨー」だと?大手マスコミもこの際、「水道水」の安全性について、科学的に表面に晒し、環境問題、生命の安全と健康問題として焦点をあてるべきだろう。事は「レベルの低い大臣の失言」では済ませない重要課題だと思うのだが。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    「不都合な真実」地球温暖化に警鐘「不都合な真実」というセミナー映画がアカデミー賞に選ばれました。 地球のためにあなたができる最初の一歩は、この事実を知ることだ。 ではじまる講演映画(セミナー)がこんなに面白い(?)どうしても理屈っ...
    • 不都合な真実 不都合な環境 不都合な事実
    • 2007/04/11 9:21 PM
    微生物が不都合な真実を救う不都合な真実の映画見てきました。アル・ゴアのセミナーを2時間聞く映画ですが硫黄島からの手紙と同じかそれ以上の映画でした。でも不都合な真実は微生物が地球を救う事に触れなかったアル・ゴアのえいが不都合な真実はアカデミー賞映画にな
    • 微生物が不都合な真実を克服する
    • 2007/03/18 12:27 AM