瓦解する市場原理主義・拝金主義の終焉!

0
    morinaga
    ついに米国発金融恐慌?が始まった。
    4年ぶりにNYダウ平均は1万ドルを割り、9800ドル台へ暴落。
    為替も1ドル100円すら割り込みそうな情況だ。EUユーロも連鎖
    で大暴落、先進国すべてが信用収縮の恐慌寸前にある。
    もとは・・サブプライム問題に端を発したと言われるが、根本原因は
    米国証券大手とその連れ合い証券格付け会社による、自作自演のマッチ
    ポンプ作業での・・全ての金融商品・ローンの証券化によるレバレッジ
    水増しハイリスクビジネスにある、これを金融工学??などと称し、市場
    に受け入れ世界に蔓延させた拝金主義がその大元だ。
    ★森永卓郎のBlogによれば・・
    ホリエモンのライブドア崩壊ビジネスも、リーマン証券の投資資金で動かされていた・・投資顧問会社や米国証券大手のゴールドマンサックスの新入社員給与は1000万円?入社5年目で5000万円から7000万円平均だいう・・詐欺でもなければ、まともな経済原則でこのような高額給料が得られる筈がない。
    ■まさに、・・ようやくか?狂った拝金主義・効率競争万能の市場原理主義
    が疑われ、世界中がその弊害・悪に気づく時が来たのだろうか?
    ■すべての悪事が世界中で暴かれる・明らかになる・・『サブプライム』『メタミドホス』『メラミン』・・そして?

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック