★fasten your seat belt!

0
    exchenge
    ■円高ドル・ユーロ安が止まらない!!ついに、金融崩壊が始まってしまった?
    日本はバブル後15年、以前にも増して更に輸出依存、輸出企業を国家育成で国策とし、勤勉質実・従順素直?な国民をいいことに生産性向上以下の実質賃金凍結で抑圧し、国内内需と国民市場をデフレ政策で最低賃金も上げず、低賃金フリーターや非正規雇用市場、国民の耐乏税金投入でバブルの負の資産を処分し、生産性UPや利益を確保蓄積してきた。
    最近ようやくバブル克服ができたように見えたが、輸出優先、内需抑制で生産性・競争力強化の成果・国民の汗と血の結晶である『パイ』を貿易黒字で溜め込み、米国ドルを買い支えて、アメリカの過剰消費、借金市場を維持促進する事で再び対米輸出産業活性に還流してきた。日本の金融資産が世界の需要を牽引する米国内需バブル・米国メタポ経済を促進・維持する心臓血液循環の機能を担ってきたのが実態でしょう。
    その恩恵、パイを物言わぬ国民?、内需へ広く還元するのではなく、ごく一部の輸出企業や不正勝ち組?官僚公務利権階層、団合税金搾取企業、国策救済銀行が密かに享受してきたのです。
    しかし耐乏の一般、民間国民との所得格差が拡大し、市場競争万能で経済モラルが崩壊した。
    国民生活、内需市場や賃金水準はバブル以前のまま放置、国民生活の基本インフラである医療や福祉、教育、食や環境安全などの公益厚生は民営化?改革?の美名?で削減、低質、大きく劣化した。一方で税金公費浪費の箱物道路だけを赤字国債で造り内需市場をごまかしてきた。
    その「付け」が為替円高・株価暴落となって今、押し寄せている。
    国を揚げての「ドル買い」で米国1国の過剰消費、借金バブルを支え、内需や国民生活市場を押さえ込んだ大きな”報い”が天誅のように、円高・株価暴落となり、市場を覆っているのが現状でしょう。
    それは国家牽引?超大手輸出企業の決算、の大幅下方修正を招き、国内銀行、金融大手も下方修正・・市場クラッシュ・大不況寸前の『緊急警報』が鳴り響いている。
    今更、賃金UPや減税でも一挙に内需は拡大せず、為替も即円安へシフトしないだろうが、墜落クラッシュせずに維持するには、内需活性・賃金UP、減税、金利UPと無駄な省庁公務員公費削減、しかないだろう。
    否、未だに日銀や経団連、財務経済省のトップ、大手企業経営者は上記と逆の施策でインフレ防止・低金利・国際競争力維持?の低賃金、低金利、マネーサプライの抑制などと・・この期に及んでも、自己利益優先の失敗デフレ施策を継続し、国民と内需圧迫のガソリン価格・独占電力料金値上げ・通信料・高速道路有料・低賃金固定などの犠牲でアメリカドルを買い支え続けようとしている。
    『一部企業と利権階層のみ裕福・富の偏在、格差拡大』と『逆噴射』を平気で実施しする、この”アホ機長・リーダー達”に国家を任せて・地面へ激突!ですか?即やめて欲しい!
    景気が回復したら??消費税を10%へ上げる・・・?などと間抜けたコメントを今即やるべき景気対策の処方も知らない連中がシタリ顔で言っているが笑止千万だ。
    我利我利の自我利益追求は市場クラッシュという厳然たる・・神の摂理に裁かれるという畏れを知るべきでしょう。
    米国人口の1%が40%の富を独占するという極端な分配と富の偏在・・それが世界を破綻させる経済モデルなどになる訳がありません・狂気の金融資本市場は破綻したのです。
    すでに自身の身の丈すら忘れて”実力勘違い”のバブル崩壊の米国市場が世界を牽引できない情況は確実です。
    機内の国民乗客はシートベルトを締め、ソフトランディングを?祈るしか最善策は残されていないのだろうか。
    ”機長”さん!『逆噴射を即止めて』、賃金大幅アップ、所得税、地方税の大幅減税、マネーサプライ増加、金利UPで・・インフレ誘導の内需活性へ、即スロットルPOWER UP!を!クラッシュ地面:滝壷は足元に迫っているのではないですか!!まず、自分達で稼ぎ、蓄積した資源は自分のため、日本国民の豊かさ公益のためにこそ消費、活用し国内市場活性化、内需を拡大すべきなのです。Power!Power!です。
    ■ロイター:世界同時不況なら日経平均は7000円割れも予測されている!

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック